« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

夏休み1日目。プール開放です。7月21日

Img_6724

 夏休みの楽しみはプールですね。西校のプール開放は8月10日までの平日です。今日はその第1日目でした。お天気もプール日よりだったこともあって、112人の西の子でにぎわいました。プールは13時にゲートが開くのですが、一番乗りの西の子は、女の子でしたよ。そしてなんと12時15分から待っていました。炎天下のプールゲート前で待っているのさえ、楽しめるのが子どもたちのすばらしさですが、さすがに熱中症を心配してしまいます。

Img_6726

 プールはお天気さえよければ1時きっかりに開放されますから、慌てないで来て下さいね。そして、雨天などでプール開放ができないときには「連絡メール」で事前にお知らせいたします。1年生と6年生のPTAの皆様、プール開放のご支援よろしくお願いいたします。今年プールには、全部で何人の西の子が泳ぎにくるのでしょうか?今からとっても楽しみです。

ひまわりがぐんぐん! 7月19日

 夏の花といえば、みなさん何だと思われますか?それは、太陽に向かってぐんぐんとのびていく、ひまわりではないでしょうか?西校には、ちょっと変わったひまわりが咲いています。

Img_7723

 この写真のように、西校に咲いているひまわりの高さはなんと3mを越えています!子どもたちだけでなく、大人である教員も見上げないとその全体を見ることはできません。ではなぜ、西校にあるひまわりはこんなに大きく成長したのでしょうか?

 それは、「タイタン」と呼ばれる大型品種を育てているからです。これは、「2016ひまわりのせいくらべ」という大会にエントリーして、種をいただきました。そのため、普通の品種のひまわりと比べて、倍以上の大きさになっているのです。

 この大きなひまわりを育てたのは、西校の3年生です。3年生の西の子は、毎朝水やりをしたり、休み時間には様子を見に行ったりと、ひまわりの成長をとても楽しみにしていました。おかげで、こんなに大きく成長することができました。そして、この日には勝山公民館の方が取材に来られ、公民館の広報誌にのるようです。

 大きく成長したひまわりを見て、とてもいい笑顔を見せてくれた3年生。この夏休みにひまわりだけでなく、3年生もぐんぐん成長していくのではないかと、とても楽しみです♪(記事:寺島亮太)

Dsc04225

終業式でもやっぱり(笑)7月20日

Img_6710

 1学期の終業式がありました。夏休み前のちょっとうれしい式です。石田校長は1学期の西の子たちのがんばりを、学校農園の野菜たちの成長を合わせて紹介しました。今年は全学年が農園や岩石園で野菜や花を育てていますが、その全てがびっくりするような成長をしています。特に3年生が育てているヒマワリは3メートル以上に成長しています。石田校長はそのヒマワリと同じ背丈のヒマワリを作って、子どもたちに紹介しました。

長い夏休みです!西の子たちにとってすてきなお休みとなり、そして、たくさんの思い出を抱えて、2学期にまた会いましょうと締めくくりました。

1学期最後の委員会 7月19日

 

Img_6702

 1学期最後の委員会の時間は、運動会に向けて「ボンボン」を作りました。運動会は9月の最後の日曜日ですが、6年生は色別チームの役割を決めたり、応援合戦の構想をこっそり練ったりしているようです。そんな運動会の応援グッズを作りました。どの子どもたちも初めての作業で戸惑いがちでしたが、それでも1時間でたくさんのボンボンを作りました。今年の運動会ではきれいなボンボンが映える応援となることでしょうね。今から楽しみです。(記事:松村千里)

お知らせ!

 いつも成器西小学校のブログを閲覧していただき、ありがとうございます。

 このブログを通じて、子どもたちの学校での様子や学校の取り組みに関する情報を発信しています。少しでもこのブログが、学校と保護者の皆様や地域の方々とのかけ橋となれるよう願っております。

 さて、このブログでは日々の様子を記事にするだけでなく、月に1回発行される「西の子だより」やPTA関係のお知らせなどについても、同時に発信させていただいております。ウェブページに内容ごとに(「①学校だより」「②PTA関連」など)整理しておりますので、ぜひこちらもご覧いただきたいと思います。

 ウェブページの場所は以下の通りです。

 パソコンの場合→画面を下にスクロールした左側。

 スマートフォンの場合→画面一番下までスクロール。

 今後とも、成器西小学校ブログをよろしくお願いいたします。(記事:寺島亮太)

 

第3回 ひびきの広場 7月13日

P7130001

 集会委員会のみなさんが企画した第3回のひびきの広場が、お昼休みに開かれました。今回は、今月の歌である「赤いやねの家」を上手に歌うことが目標でした。

 そのために、集会委員会のみなさんはリコーダーでメロディを奏でながら、「赤いやねの家」の歌詞にちなんだ劇を披露しました。その劇はとっても上手に「赤いやねの家」の世界観を表していたので、西の子のみんなは歌詞の言葉一つひとつの意味を理解することができました。

 その後、背のびをしてみたり腕を組んでみたりしながら、体を動かして元気いっぱい「赤いやねの家」を歌いました。最初のときよりも、とても上手な歌を歌うことができていました。歌い終わった後の西の子のみんなの顔はとても晴れやかで素敵な笑顔があふれていました!

 これからも、西校に素敵な歌声が響くといいですね♪(記事:寺島亮太)

7月6日の答えは! 7月13日

7月6日のブログで「畑の雑草を取ったら、そこから見つかった野菜は何でしょう」と、クイズのように書いてしまいました。その答えはこれです。

Img_6600

 試しに植えてみた苗にみごとなスイカが二つ実っていたのです。雑草たちが小さなスイカをイタズラ好きなカラス達から守っていていくれたのかもしれませんね。これまで、子ども達の希望で何度かスイカの苗を植えたことがありますが、ここまで育ったことはありません。はたして、どこまで大きくなってくれるかとっても楽しみにしています。

こうして、おいしそうなスイカの姿をさらしてしまったので、カラスの目に止まらないようにと、今はスイカが見えないようにカゴで覆って育てていますよ。

PTA親子行事 3年4年 7月9日10日

この週末も親子行事がありました。3年生は六呂師高原でイワナののつかみ取りと塩焼きにして食べちゃう企画です。あいにくの雨でしたが、どうせ濡れてしまうんだとばかりに子どもたちはイワナを放流した池に飛び込んで元気に逃げるイワナを手づかみで捕まえていました。その後は、生きたままのイワナをさばいて、串打ちにしてから炭火でこんがりと焼き上げて、命に感謝しながらおしいく頂きました。生きたままのイワナをさばいたり、串打ちするときにはお父さんが大活躍でしたね。

Dsc01874

Dsc01888


4年生は福井にある「安田のかまぼこ」工場に出かけて、かまぼこ作りの体験をしました。魚のすり身を使って、板かまぼこと焼きちくわと魚そうめんの3種類を作りました。包丁を上手に使ってかまぼこやちくわに仕上げるのとても難しく、ここではお母さんの出番となりました。かまぼこが焼き上がるまでに時間は、かまぼこについての勉強もできました。お土産にもらったかまぼこはきっとその日の食卓に並んだのでしょうね。

Img_9199

Img_9202

役員の方々、思い出に残る企画!ご苦労様でした。(記事:松村千里)

しいのみ・もみの木校外学習IN福井 7月7日

Img_6545

 七夕の日にしいのみともみの木のみなさんは福井へ校外学習に出かけました。公共交通機関を使ったり、福井市内(駅前中心)を舞台にしていろいろな社会経験をしてきました。校外学習の計画は子どもたちが行い、キップの支払いや昼食の注文、そして家族や友だちへのおみやげの購入などすべて子どもたちひとりひとりが自分の力で取り組んできました。

Img_6517_2


今回は特に新しくできたハピリンにも出かけ、物産店の見学や宇宙展示室で身近な天体の勉強もできました。昼食はサイゼリアでそれぞれがお好みを注文して頂きました。午後からの西武での買い物など自分たちの考えた楽しい計画を実行するということは、普段の学校生活ではみられない力を引き出すようです。特に、たくさんの見知らぬ人と出会い、そしてコミュニケーション取りながら福井の街を探索する姿はとっても頼もしかったですよ

Img_6500


(記事:松村千里)

今週も校外学習へ!7月7日

 先週「のむき風の郷」に校外学習へ行った5年生が、今日も校外学習へ行ってきました。今回の行き先は、天然の冷蔵庫「雪室」とメロン農家の「長谷川農園」の2ヶ所です。

Dsc04119

 まずは「雪室」へ。「雪室」とは降雪の多いという特性を生かした勝山市が、倉庫に雪をためて天然の冷蔵庫を作り、農産物を保存するというものです。この「雪室」では、約130tの雪のおかげで一切電気を使わずに冷蔵保存することができるため、環境に優しいです。

 子どもたちは「雪室」について説明を受けたあと、中に入らせてもらいました。「雪室」の気温は、なんと3℃!外がとても暑く入るのを楽しみにしていた子どもたちも、「早く出たい!」と言ってしまうほど寒かったです。しかし、この寒さと高湿度こそが、農産物の長期保存を可能にしているのです。

 早速給食では、「雪室」で保存されていた米とにんじんが使われました。5年生のみなさんは、いつもよりもじっくりと味わっている様子でした。

P7070237

 続いて、「長谷川農園」へメロンの栽培の様子を見学しに行きました。子どもたちはたくさんメモを取りながら、メロン農家の長谷川さんの話をとても真剣に聞いていました。

 話の中には、「めばな」「おばな」など理科で習ったことや、「ビニールハウス」「品種改良」など社会で習ったことが出てきました。普段学校で習っていることが、自分たちの身の回りの生活にどうつながっているのか、実際に体験することができました。勉強って、面白いですね。

 とてもいい経験をすることができた、5年生。これからは、校外学習で学んだことを新聞にまとめていきます。どんな素晴らしいものができるのか、楽しみですね。

 ご協力いただいた、勝山市役所の方、長谷川農園の方、ほんとうにありがとうございました。(記事:寺島亮太)

七夕かざり7月6日

Img_6421

 1年生が図工の時間に作った色紙で作った紙飾りを利用して、七夕かざりを作りました。七夕ですので、もちろん願い事を書いた短冊もいっしょに飾り付けました。習ったばっかりのひらがなで書いた願いごとを少しだけ紹介しましょう。

「おおなわとびが、100回とべますように」「サッカーせんしゅになれますように」「ピアノがうまくなれますように」「ラーメン屋さんになれますように」「きひざんがすらすらできますように」など、1年生らしいお願いがたくさんありました。

Img_6420

 でも一番たくさんあった願い事は何だと思いますか。それは『かぞく みんなが なかよく くらせますように』など家族への思いを書いた短冊でした。なかには「かぞくが ながいきできますように」の、お願いもありましたよ。どれも天の川に届くといいですね。(記事:松村千里)

学校農園は収穫盛り7月6日

Img_6407 学校農園には各学年の子どもたちが色々な野菜や花を育てています。その中で一番面積が大きいのがジャガイモ、次はヒマワリ、その他にはインゲン・ミニトマト・オクラ・サツマイモ・トウモロコシ・ヘチマ・カボチャ・枝豆・ピーマンと続きます。そして、今年はじめて挑戦しているのが…。今日5年生が雑草で埋もれたその野菜を救出しました。さて、出てきたのは何でしょう?答えは次回までお楽しみです。

今日は6年生がジャガイモを収穫しましたが、約30キロの収穫があったそうです。さっそくお家に持ち帰って今夜の食卓に登場するのでしょうか。残ったジャガイモは給食にも使いますよ。地産地消ですね。(記事:松村千里)

Img_6275

最近の写真

  • 1539754779608_2
  • 1539754767745
  • 1539754755687
  • Dsc_1479
  • Dsc_1478
  • Dsc_1477
  • Dsc_1474
  • 00020002_2
  • Img_3912
  • Img_3908
  • Pa160028
  • Pa150001