« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

おじいちゃん、おばあちゃんのために 11月30日

 11月30日の西の子タイムの時間に、勝山警察署の方たちから「安全・安心作戦リング」が贈呈されました。これは、身近なおじいちゃん、おばあちゃんが振り込め詐欺や交通事故などの被害にあわないようにするための啓発活動です。

Dscn2196

 贈呈式では、まず勝山警察署長から「おじいちゃん、おばあちゃんを被害から守るために、みんなも協力してください。」とお話されました。その後、代表児童へリングやメッセージカードが贈呈されました。児童の代表として、6年の聖山さんが「今日いただいたリングとメッセージカードをおじいちゃん、おばあちゃんにちゃんと渡して、被害にあわないよう気をつけるよう呼びかけます。」と決意表明をしました。そして教室に戻った後、早速メッセージカードに記入していました。ひとり一人が、おじいちゃん、おばあちゃんのために願いを込めて書いていました。

 西の子のみんなは、普段から家族だけでなく、地域の方々にもあいさつなどをしっかりしています。こうした小さなことも、大切なおじいちゃん、おばあちゃんを守るひとつの方法なのかもしれません。これからも、みんなで思いやりの心をもって行動していきましょう。

 勝山警察署をはじめ、関係団体会長の皆様、ありがとうございました。(記事:寺島亮太)

ダイコンの収穫。11月30日

Img_8594

 11月28日、お天気のよいお昼休みに6年生が学校農園のダイコンの収穫をしました。この秋まきダイコンは間引きと除草を繰り返し、そして特別な肥料のおかげですくすくと育ちました。

校長先生と施設員の小林さんからダイコンの収穫手順について説明を聞いた後、自分で選んだダイコンの収穫に取りかかりました。6年生達は力を込めて引き抜いた後、土を落とし、葉を落として、水で手洗いするという一連の作業を全員が経験をすることができました。土から抜いたダイコンの大きさ、ずっしりした重さ、そして冷たい水で洗ったら現れたダイコンの肌の美しい白さ、短い時間でしたが子ども達の心を揺さぶったダイコン収穫でした。今回は家庭に持ち帰りましたが、次の収穫は給食に使われる計画です。

Img_8601

 育ったダイコンのうち特に大きなものは「ダイコン大きさ比べコンテスト」に出品するそうです。結果が楽しみです。(記事:松村千里)

2016年11月24日 (木)

Let's enjoy English!! 11月24日

 先日もご紹介しましたが、勝山市は英語教育強化地域拠点事業に選ばれ、全国に先駆けて英語教育を行っています。そこで西校では、授業以外でも英語に触れて楽しんでもらおうと、6人のALTの先生をお招きして、英語集会を行いました。

Dscn2151

 今日の英語集会は、2部構成で行われました。1部は西の子全員が体育館に集まって交流し、2部では3~6年生が6つのグループに分かれて英語のゲームなどをして交流しました。

 全員が参加した1部では、まず「seven steps」を歌いました。この日のために、朝の会などで練習をしていた子どもたち。大きな声で、上手に振り付けをしながら笑顔で歌っていました。その後のじゃんけん列車では、じゃんけんのかけ声も「rock scissors paper」と英語で言いながら、楽しそうに遊んでいました。ALTの先生の自己紹介では、どの西の子も興味津々で、一生懸命聞いてました。

Img_2735

 2部では、3~6年生がALTの先生が待つブースに行き、福笑いやBINGOゲームをして遊んだり、絵本の読み聞かせをしてもらったりしながら、英語に触れました。最初は緊張していた子どもたちでしたが、時間がたつにつれてどのブースからも、元気な声が聞こえてきました。普段勉強している英語の表現がALTの先生に伝わったとき、うれしそうな顔になっていました。

 子どもたちの感想からは、「ふだん使わない英語をしれて、よかったです。」「いろんな活動をして、友達のことや先生のことをしれてよかったです。」とありました。この英語集会に、とても満足しているようでした。

 この英語集会のために、たくさんの先生方にご協力していただきました。本当にありがとうございました。これをきっかけに、もっと英語が好きになってくれるといいですね。(記事:寺島亮太)

2016年11月22日 (火)

英語の公開授業11月21日

Img_8304

 英語教育強化地域拠点事業の公開授業がありました。今回は県内はもとより静岡県からも参観者がいました。そして、公開した授業は4年生の「ていねいな英語の表現」です。

友だち同士の会話から、ていねいな表現をつかって会話をすることが授業のねらいでした。そのために、校長や教頭や林教諭まで授業に登場して、会話の違いに気づくしかけがありました。子ども達は新しく勉強したていねいな表現を使って、お客さん役と店員役に分かれて練習をしました。そこでも、勝山市内のお店屋になりきるなどのしかけがありました。

Img_8315

 たくさんの参観者に囲まれていても、4年生のみなさんはいつもの通りに元気で明るく授業を受けていました。授業のあとは研究会がありましたが、いろいろな楽しいしかけが子ども達の考える力と意欲を高めたと評価されました。

全国に先駆けての勝山市の英語教育は全国から注目されていますよ。(記事:松村千里)

2016年11月17日 (木)

特別支援学級の合同学習発表会11月16日

Img_8133

 市民会館で奥越特別支援学級合同学習発表会がありました。西校は、しいのみともみの木の皆さんが一緒に「ももたろう2016」の創作劇を発表しました。

 ももたろう2016の劇は、ももたろうとうらしま太郎と金太郎がオニに取られたiPadを、キジとサルとイヌの力を借りて取り返しにいきます。オニは「自分たちの名前を当てたら返してやる」と言いますが、その名前は「春の七草」と「十二支」と「じゅげむ」でした。長い名前を言い返すと、長い名前を呼んでくれたことにオニはよろこび、みんなで仲良くなったお祝いに「エビカニクス」の楽しいダンスを踊ったとさ。というお話です。手作りの衣装やお面をつけて初めてのステージで発表でしたが、自分たちの役割をしかりと果たし、友だちを支えながらがんばりました。全員が「100点以上の出来!」とうれしそうでした。(記事:松村千里)

2016年11月16日 (水)

昆布教室が開かれました。 11月16日

 毎年11月15日は、何の日かご存知でしょうか?実は、「昆布の日」なのです。昆布は縁起の良いものとされており、七五三を迎える子どもたちの成長を願い、この日が制定されたそうです。そして今日、北海道ぎょれんの方たちによる、昆布教室が開かれました。

Cimg0503

 参加したのは、5・6年生の西の子と、保護者の方たち。北海道ぎょれんから来られた、昆布博士から昆布について詳しく教えてもらえました。

 まず、昆布が店にならぶまでについて教えてもらいました。子どもたちは初めて見る漁などの映像に、興味津々!そのときに使う道具などが実際にあり、その長さや工夫に驚いていました。

 その後には、北海道の昆布の種類について教えてもらいました。日本で食べられている昆布の約90%は、北海道産。なんと7種類もの昆布があるそうです。それぞれに特徴があり、豆知識なども教えてもらいました。そのなかでも驚きだったのが、昆布は2度成長するということ。1年目の昆布は成長後一度枯れてしまいますが、そこからさらに成長して、1年目の昆布より味の良い昆布になるのです。なんと、私たちが普段食べているのは2年目の昆布だったのです。

 そして最後に、実際に昆布を食べて種類当てゲームをしたり、昆布と鰹節の合わせだしの試飲をさせてもらいました。

Cimg0508

 今日の給食の献立は、「ご飯・きのこのすまし汁・松風焼き・刻み昆布の煮つけ」と昆布を使った昆布給食でした。なんだか、昆布のいい香りが西校を包み込んでいるようでした。いつもよりも、じっくりと味わって食べていた子どもたち。昆布が苦手だと言っていた子も、今日の給食はおいしく食べられたそうですよ。

 とても楽しい教室を開いていただいた、北海道ぎょれんの皆様、ありがとうございました。(記事:寺島亮太)

委員会活動、頑張っています! 11月7日~

 西校には7つの委員会があり、4~6年生がそれぞれの委員会に所属してよりよい学校生活を送るために日々活動しています。例えば、ニュース委員会は毎日朝・昼の校内放送を行っています。フラワー委員会は、毎朝前庭や校門付近の掃除を行っています。そんな中、委員会が企画したイベントが3つ開かれたので、その様子をご紹介します。

Dscn2068_2

 まずは、図書委員会です。今月の生活目標は、「本をたくさん読もう」です。そこで読書タイムの時間を利用して、各学年に読み聞かせを行いました。図書委員会の子たちは初めてのことに緊張していて、少し恥ずかしそうでした。しかし、静かに聞いてくれる姿に安心したのか、練習したことを存分に発揮していました。登場人物の様子、感情によって声の出し方を変えるなど、とても工夫された読み聞かせでした。最後には大きな拍手をもらい、とても満足そうでした。

Pb090915

 続いて紹介するのは、給食委員会です。水曜日の大昼休みを利用して、「食材探しゲーム」をしました。指定された料理に必要な食材を、体育館中にばらまかれた食材カードの中から探し出すというゲームです。なんと、100人以上の西の子や先生方が参加し、とても盛り上がりました。参加した西の子からは、「とても楽しかった!」「たくさんクリアできたよ!」と、たくさんの笑顔が見られました。

Img_8055

 最後は保健委員会です。虫歯から歯を守るためにどうすればいいのか…をテーマに劇を披露しました。1年生にもわかりやすいように、途中簡単なクイズを取り入れながら発表していました。この日のために、朝やお昼休みの時間を使って練習していた保健委員会のみんな。堂々とした様子で、発表していました。見ているみんなも、自然と笑顔になるような内容でした。

 このように、どの委員会活動も頑張っています!そして委員会のおかげで、西校みんなが楽しく、そして笑顔で過ごすことができています。これからも、西の子みんなで、楽しい学校生活をつくっていきましょう。(記事:寺島亮太)

2016年11月15日 (火)

保育園と1年生が交流会 11月15日 

20161115_4

 来年小学校に入学する保育園の子ども達と1年生が交流しました。今年は、中央保育園・ケイテー保育園・北保育園のみなさんがやってきました。実は、今日まで1年生は生活の時間などをつかって、ゲームやプレゼントを作ったり、ゲームの説明ポスターを作ったり、交流会場の案内看板を作って準備をすすめてきました。

そして、今日、たくさんの園児さん達をお迎えしました。小学校ではどうしてもお世話をしてもらう立場になりがちな1年生ですが、今日はお世話をする先輩としていつも以上に張り切っていました。

20161115_5

 秋をテーマしたゲームやプレゼントは園児の皆さんにとても喜んでもらって大満足だったようです。そして、この交流会が終わると、ちょっぴり成長した1年生に変身します。(記事:松村千里)

2016年11月10日 (木)

【お知らせ】 かつやま環境フォーラムで発表します。

11月12日の「かつやま環境フォーラム」で西の子が発表します。

場所:すこやか 多目的ホール

時間:環境フォーラムは13:30~16:00です。活動事例発表は14:00~14:40です。西校のほかにも3つの学校が発表します。

西校は学校で取り組んでいる資源回収活動を中心にして、勝山の自然環境やペットボトルキャップ回収の意味についてなどを、6年生の代表が発表をします。

お時間のある方は、勝山の子ども達が取り組んでいる勝山市の環境保全活動を聞きに来て下さいね。(記事:松村千里)

赤い羽根募金 11月10日

Img_7933

 児童会が呼びかけて今年も赤い羽募金に取り組みました。特性の募金箱を組み立てて1人1人が家庭で募金を集めてきました。実は、赤い羽根募金は回り回って西の子達の福祉にも生かされいます。年間を通して取り組んでいる「ペットボトルキャップ回収」や「資源回収」も、同じかもしれませんね。

 ところで、何人が自分のお小づかいを募金したのでしょうか。ちょっと聞いてみたいです。(記事:松村千里)

最近の写真

  • 30223_3
  • 30222
  • 30221
  • 30220
  • 30219
  • 3_2
  • Photo_16
  • Photo_15
  • Photo_14
  • Photo_18
  • Photo_17
  • Photo